フォローする

Zendesk|IT導入補助金のご案内

Zendeskの新規導入コストが、1/3になります!

 経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の3分の2(上限額:100万円 下限額:20万円)が補助されます。

※Zendesk製品を提供し、IT支援事業者認定を受けているのはフォー・フュージョンのみです。

 【補助対象者】

日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等に限ります。

◆中小企業者等の詳細

_______01.jpg

注1. 資本金・従業員規模の一方がサービス業に記載の数値以下のもの。
注2. 資本金・従業員規模の一方が法人の主たる業種に記載の数値以下のもの。
(※)上記の表及び注1、注2に該当しない方は対象となりません。例えば財団法人(公益・一般)、社団法人(公益・一般)は対象になりません。

 

【対象となる経費】

当事業の承認を受けたITツールのソフトウェア、サービス導入費

  1. ①初期導入費用(ソフトウェア、導入コンサルティング料等)
  2. ②1年分のクラウドサービス等の利用料

※ パソコンの購入代金など、ハードウェアにかかる費用は対象外です。
※ 交付決定前に導入したソフトウェア等の費用は補助の対象外です。

【補助金を受けるにあたっての注意点】

  • 補助対象者は、日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等です。(学校法人、生活協同組合は対象外です)
  • 補助金の申請は、1補助事業者あたり1回のみです。
  • ITツールの導入による生産性向上の目標を設定して、その目標を達成するための事業計画の作成が必要です。
  • 必ず交付決定後に、事務局から認定を受けたITツールを発注、検収、支払をしてください。
  • 初期導入費用および1年分のクラウドサービス等の利用料は、導入時に一括で支払う必要があります。
    (導入したITツールを1年未満で解約する場合は、補助金全額の返還が必要になります)
  • 補助対象となるクラウドサービス等の利用料は初年度のみです。2年目以降の利用料は、補助対象外です。
  • 補助事業開始から2021年3月迄、毎年3月末にITツールの導入による生産性向上の成果報告(後年報告)が必要です。

 

チャット、電話にてお気軽にお問合せください!
ご連絡後、オンライン相談(チャット、Webミーティング)を実施しております。

チャット:クリック後、チャット窓口はページ右下にあります。
電話:03-4520-8120
担当:並木・道田

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント