フォローする

トリガー機能とは?

■訪問者の条件に応じて、自動で声かけをします。

以下、トリガーの一例

  • ○秒間サイトに滞在している訪問者に声かけ
    (例:何かご不明な事はございませんか?お気軽にご質問下さい。)
  • 訪問者の初めの声かけに対して返答
    (例:こんにちは。お問い合わせありがとうございます。)
  • オンライン時にもかかわらず、○秒以上対応が遅れている時
    (例:只今担当者が離席中ですぐに対応できません。)
  • 混雑中の場合の声かけ
    (例:大変混み合っています。少々お待ち下さい。)
  • 初めてサイトへ滞在した訪問者に特定の声かけ
    (例:こちらのサイトへようこそ!)

トリガーは30以上の条件と11のアクションで約380以上のパターンで声かけができるので、サポートの強化、満足度評価向上などが見込めます。

トリガーの設定条件について

 

■サイト訪問者を知る・チャットの傾向分析を把握する

以下、タグ付けの一例

  • 初訪問者を識別する
  • 一定回数以上サイトへ滞在している訪問者を識別する
  • 社内の人間を認識する
  • 特定ページに滞在した訪問者を識別する
  • 訪問者の閲覧ページを把握する

 

▼例) 「初訪問、料金ページを見た、機能ページを見た、機能比較表を見た」などの情報を"タグ"で残しています

 

トリガー機能でつけたタグの確認・把握について


チャットタグの閲覧と分析について

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント