フォローする

Google Analyticsとの連携はできますか?

Google Analytics (GA)の統合の方法

Zendesk Chat(Zopim)のコードを全てのページに埋め込む事で、自動でGAを感知します。GAの環境設定を終えていれば、GAにてZendesk Chat(Zopim)の分析結果が表示されます。

 

  1. GAにログイン。
  2. 左サイドバーのBehavior>Events>Top Enventsの順に選択。 

  1. 下記のようなページが表示されます。下のグラフは、ウェブサイトのアクティビティを表しています。
    次は、Zendesk Chat(Zopim)Livechatを選択してください。

  1. Zendesk Chat(Zopim) Livechatカテゴリ内に、下記のように「Event Actions」のリストが表示されます。

 

  • Button Clicked: 訪問者がZendesk Chat(Zopim)のチャットボタンをクリックした回数
  • Served by Operator: チャットオペレーターによって対応された訪問者の数
  • Chat Request Form Submitted: プリチャットフォームが送信された回数(有効になっている場合)
  • Offline Message Sent: 訪問者がオフラインメッセージを送信した回数

 

5.これらの数字を分析する事で、週、月単位でのコンバージョン率を把握することが可能です。何%のチャットが、エージェントによって対応されたかを把握する事も可能です。

また、以下を選択する事でより詳しい情報を得る事が可能です。

・Served by Operator (オペレーターによって対応された訪問者の数)

・Chat Request Form submitted(チャットリクエストフォームが送信された回数)

 

6.Served by Operatorを選択した場合、全てのオペレーターとそのコンバージョン率を一覧表示します。
下記のようなページが表示されます。

 

 

7.Chat Request From submittedを選択した場合、訪問者がチャットをする際に選択した部門のが表示されます。(dashboard上で部門の設定をした場合のみ)

 


他にも閲覧可能な分析データがたくさんあります。

例えば、

  • ページ毎における訪問者のコンバージョン率
  • 国毎の訪問者のコンバージョン率
  • チャット中の訪問者が新規または再訪問者かを把握する
  • エージェント毎のコンバージョン率をトラッキング
  • などなど
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

  • Avatar
    阿部 哲大