フォローする

【3】ダッシュボード(管理画面)について

ここではZendesk Supportにログインした後に表示される画面について説明します。

ログインして最初に表示されるのは「ダッシュボード」です。画面の左側に上下方向に表示されている帯にアイコンが表示されています。下記画像のアイコンは上から「ホーム」「ビュー」「レポーティング」「管理」のアイコンです。

「ビュー」はチケットの状態や任意の条件によって自動的に整理分類する機能です。デフォルトの設定以外に必要に応じて分類を追加することができます。

「レポーティング」は応対状況を自動的に集計しさまざまな条件での数値化やグラフ化する機能です。デフォルトの機能以外に自身で条件設定したデータやグラフを自動的に作成させることもできます。

「設定」はZendesk Supportを利用するにあたっての様々な設定を行うメニューです。クリックするとさらに設定項目が表示されます。この入門編ではミニマムで利用開始いただくにあたっての項目を説明します。

Zendesk製品は広範囲で詳細な設定が可能ですので、より高度な機能のご利用をご検討の際はZendesk社のヘルプデスクをご参照いただきご自身で設定いただくか、弊社でご希望にそった設定を代行させていただくプランをご用意しておりますので担当者までご相談ください。

 

次に画面の上部に並んでいるアイコンについて説明します。

「+追加」は新規のチケットを作成する際に使用します。通常、ユーザーより問合せを受信するとZendesk Supportではチケットが自動的に生成されますが、こちらからユーザーにコンタクトする場合はこのアイコンをクリックし新規のチケットを手動で生成します。ユーザーへのこちらからメッセージを送信する方法は別項目で説明します。

「検索」のアイコンです。クリックすると検索窓が展開されキーワードで検索ができます。また、同時に表示される「高度な検索」を選択すればいろいろな条件を設定した検索を利用できます。「高度な検索」については別項目で説明します。

 

「Zendesk製品」のアイコンです。ZendeskはSupportだけでなく、Supportをハブとして用途別にツールが利用できます。ここでは「Support・Guide(ヘルプデスク)・Chat・Talk」のアプリケーションの起動が可能です。但し、Chat・Talkは別途契約が必要です。Supportで対応可能なメールやTwitter・Facebookだけではなく、ChatやTalk(電話)を使用すればすべての応対をSupportで統合して管理することができます。Chat・Talkのご利用に関して詳しくは弊社担当者までご相談ください。

 

クリックするとエージェントの情報や製品について、以下のようにログアウトなどメニューが表示されます。

「プロフィールを表示」を選択すると、エージェントの種類や設定などの詳細画面へ移動します。

Supportの利用を終了するときは「ログアウト」を選択して、システムからログアウトした後、ブラウザを閉じてしてください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント