フォローする

【7】管理>トリガ

【画面の位置】

管理>ビジネスルール>トリガ

トリガとは、チケットが作成され、更新されるときに、予め設定した条件によって自動的に何らかのアクション

を自動的に実行せることができる機能です。

たとえば、エージェントがチケットにコメントを追加したときに、自動的に任意のメールアドレス宛に通知を送信する、といった事が可能です。

Supportでは下記画像のように初期状態でモデルのトリガ設定が登録されています。

意図していないトリガの発動を防ぐため、初期設定のトリガは「非アクティブ※作動しない状態のこと」に変更する、もしくは削除することをおすすめします。非アクティブ可はトリガ名の左側のチェックボックスにチェックを入れると画面右上のボタン(下記では「トリガを追加」と表示されているボタン)が「非アクティブにする」に変わるので、そのボタンを押してください。非アクティブ化したトリガはタブを「非アクティブ」に切り替えると確認できます。

トリガの設定可能な条件は多岐に渡りますので、デフォルトで設定されているトリガの条件を参考に希望する設定を作成してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント